Q&A

アクリルプレート ジュノカ
アクリルプレート ジュノカ

パンダリングローズの素材はすべて生の状態から制作するため、作成後は水分を保有していますので、風通しの良い、直射日光の当たらないところに飾ってください。特に、日本の梅雨時には除湿機のある部屋での保管が安全です。  

≪お客様からよくある質問≫

Q・ 輸入してるパンダンの葉はどんな香りですか?

パンダリングローズ発案のきっかけとなったパンダンは生命力にあふれたハーブです。日本では余りなじみがない香りですが、東南アジアではミネラル豊富な食材として日常的によく使われていて、東南アジアを連想させる代表的な香りのようです。

季節や湿度によりますが、作成して3か月を経ると色の変化と共に徐々に「香ばしいポップコーンのようなかおり」に変化し、食欲をそそる香りがします。(パンダンは信頼のおけるタイの提携農家より2ヵ月に1度、輸入しています。輸入してから葉が元気なうちに使い切る必要があるので、在庫が無い時もあります)

輸入直後のパンダンの葉(株ごと)
輸入直後のパンダンの葉(株ごと)

Q・パンダンのほかにどんな葉を使用しますか?

パンダリングローズに適した厳選したリーフも数種類使用しています。しかしいずれも自然そのままの素材ですので、葉を裂いたりするとそこから生ゆえの植物の成分が空気中に拡散します。気がつかない間にその香りや成分が、脳やこころのリラックス効果につながっているようです♪

Q・ジュノカ(樹の華)ってなんですか??

ジュノカ(商標登録)は、木の幹を薄く削いだ内樹皮で作成されたバラの事です。この内樹皮を薄く削ぐ職人を「経木職人」と呼ばれています。

日本古来から紙のない時代はこれを代用していたようです。

今では職人の数も大変少なくなりました。ラボでは、この素晴らしい技を継承される若い世代が育たれることを願いつつ、ラボで厳選した7種類の木の内樹皮を≪パンダリングローズにふさわしい薄さ≫に特別注文しています。

しかし、それぞれの木の内樹皮がこれほどにまで色のバリエーションがあり美しいことに驚き、又肌さわりや硬さ・艶感のちがいに目をみはります。 一番の魅力は、月日と共に木の脂が出てきてやがて、飴色になり変化が出ることです。

又、ディフユーザーとして、お好きな精油を直接バラの中心に1滴垂らしてお使いになると香りはもちろんですが、アロマオイルを垂らした所からバラに透明感と色の深みが出てまいります。

 

★パンダリングローズ original blend 「凛」を販売予定。

一般小売価格:6.800円(税込)10ml(限定販売)

希少な和精油である【クロモジ】や、高価な【フランキンセンス(乳香)】 カルダモン 他 を主とした精油です!

この香りの成分は嗅ぐと頭がスッキリ爽やか!・・と思えば ゆったりリラックス効果も。

就寝前に香りを嗅ぐと安眠も促してくれる・・あなたの気分を最善に導いてくれるオリエンタルな香りです♪ 

 

Q・お客様からのダントツ1位のご質門

≪どのようにして着色していますか??≫

 

パンダリングローズは、葉や木地が持っている自然の移ろいの色を大切にしており、着色は一切しておりません。ブリザーブドフラワーのように色を保つという考え方とは対極的で、自然の変化の様子を目にすることで心が穏やかになれる最良のアイテムだと思います。

シマハランを作成から3ヵ月目の状態です。少しずつ色が変化し始めています。
シマハランを作成から3ヵ月目の状態です。少しずつ色が変化し始めています。
作成して4年経ったシマハラン。グリーンからゴールドへ、深みが増しました。
作成して4年経ったシマハラン。グリーンからゴールドへ、深みが増しました。

Q・どれくらいの期間もちますか?

工房では、パンダリングローズを始めた当初に作成した生の葉で作成したリースを飾っており、6年目を迎えようとしております(上記写真)。

しかしリーフはお客様のご自宅での保存状態【湿度・風・日の当たり具合・他】により長持ちしない場合もあります。TPOによりますが、形状も変わらず更に味わいが深まるジュノカ(樹の華)は長期間の変化をお楽しみになれる優れた素材だと思います。

Q・資格認定プレミアムコースに関して・・ 短期間で資格がとれる方法ありますか?

必須のカリキュラムは3コース⇒素材別≪エッセンス≫12単位・≪マイスター≫8単位・≪PLS≫14単位 を月に4単位コンスタントにこなすと、各コース 約3ヵ月必要です。

パンダリングローズの技法は、すでに市場に出回っている既製品の各種造花やブリザードを組み合わせてアレンジするのではなく、生の自然素材の性格を学び一から自分でバラの形に形成するもので、時間が経っても形が崩れないスキルを身につける事に重点を置いています。(生の状態から乾燥した後のバラの形状の変化を体得する)そういう意味では時間の短縮は難しく、しかしながらスキルアップすると自分だけのバラが出来、時間の経過に伴う色の変化・形状の面白さが醍醐味でもあり やがて奥行きのある作品が出来上がります。そこをパンダリングローズは目指しています。

★指導認定講座の説明会での体験は無料ですのでご利用ください。随時お申込み受け付けております。

★ラボは技術面のみならず講師としてのありようや お仕事面では、個人事業主としてご活躍できるように専門のコンサルを受けることが出来る環境も設けています。 パンダリングローズの市場はこれからです。

Q・以前、レッスンを受けましたが、資格認定講座に編入する場合、特典がありますか?

はい! 下記の条件があります。

今までに、ラボ サロンスクールA又はB・企業カルチャー6回コースでの修了証を持っておられる方は、「ビギナー」レッスンは免除しております。お申し込みの際お知らせください。

 

一部の講師の方々と共に
一部の講師の方々と共に

プレミアムコース受講生の声

Q・最初に受けたレッスンの感想は?

A・ひとつ作り、またひとつ、なかなか思うように作れず難しいと思いました。

 でも、同じように作れなくて当たり前、同じものは二つとないことを教わり興味がわきました。

A・難しく思いましたが、素材に語りかけるようにと教わり、実際にそのことを意識して作るとバラに表情が生まれたように感じ驚きました!

A・初めは簡単そうに感じましたが、自然の素材の力を感じ それを理解しながらなので難しいものだと思いました。

大阪教室・指導認定講座の様子
大阪教室・指導認定講座の様子

Q・やりがい、嬉しかったことはどんなところですか?

A・自然のものに触れていることに、どれだけ自分が癒されているかがよく分かりました。

A・数をひたすらこなしているうちに、バラが私らしくなってきていると先生に言って頂いたこと。

A・お客様が喜んでくださり、次の予約をしてくださった事。

A・無心になって作れること。

Q・あなたにとってパンダリングローズとは?

A・これからの人生の目標(共に生きていく)。

A・一輪のバラで、自然の素晴らしさを伝え、日本の伝統文化を伝えることが出来るのがパンダリングローズであると思います。

A・自分自身が癒され、お客様も癒され その輪から支援金に繋がって行く大切なバラ!

A・私を輝かせてくれるバラです。

豊中教室・指導認定講座
豊中教室・指導認定講座



一般社団法人【 パンダリングローズ・ラボ 】

代表理事 額賀 美紀 Facebook